読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

170320

「オーバーフェンス」をみた

 

壊す男と壊れた女のはなし

 

 


何事も紙一重で人は危うさの中で生きている

 

誰かからみた正しいことは
誰かからしたら間違っている

 

 

 

ひょっとしたらこの人もこの人で


ギリギリのところで保ってるのかな


と思うことで踏み込みたくなる

 

 

 

壊す男が壊れた女によって直されていく様が


不器用であたたかくて愛おしかった

 

 

 

人生に正解なんてないから
誰にとっても失うものなんて本当はない

 

 

人が失敗ということだって
自分にとっては正解なのに

 

 

自分の物差しでしか話をしない人は大っ嫌いだ

 

そんな考えしかできないなら
1人でやってろ とおもう

 

 

 

踏み込みすぎると相手を傷つけていることや

壊していることに気付くことができない

 

 

離れて気付いたときに


自分は何だったんだろう


と自分で自分が分からなくなる

 

 

 


たった1本の映画で

 

いろんなことを考えた休日だった

 

 

 


暇つぶしうまいなー