171109

 

答えを求める朝が来る。

 

湯気が上がるみたいに目が覚めて

空高くのぼってしまった夢を

飛ぶ風船みたいに眺めてる。

家族以外はどんな風に朝を受け入れるのか知らない。

私は私がちゃんと目を覚ましたのか

同じ世界に戻ってきたのか

確認したくない、鏡を見ない。

 

知らない音楽をただ聴きたかった。

もう永遠に、次は聴けない音楽と、すれ違いたい。

 

それなら好きになったりしないで

ただ純粋にきれいって言えるはずだった。

 

全てそう、人も食べ物も花も全て。

朝もそれくらいであったらよかったのに。

私の好きなものは夜のうちに滅んでおいて。

 

寂しがりやはちゃんと死んで。

黒い瞳の中に、ぜんまいのような昨日が見える。

 

明日は新しい香りに身を包んで、今日とは違う自分になったつもりでいれる。

明日の私は今日の私を無視できるからちゃんと美しい。

広告を非表示にする