170909

私には帰る場所がある


ちゃんと屋根があるし布団で眠れる


ご飯も用意されていて身体も毎日清潔だ


贅沢を言わなければそれだけで幸せなのに


家族のこと 仕事のこと 恋愛のこと 友達のこと 夢のこと


苦しかったり 辛かったり 泣いたり 落ち込んだり


どうしてだろう 揺らいで 迷って 立ち止まって 後ずさりして


思うように進まない 遠回りばかりしてしまうのは なんでだろう

 

 

 

いつだってあなたは優しかった

 


優しいが故に苦しんだよね

 


相手に合わせることばかりで 自分が死んでいくようで

 


あなたの言葉はいつも痛々しかった

 

 

 

もう自由にやりたいことをやっていいんだよ


生きたいように生きて 肩の力抜いてさ


辛いことなんて 私の得意な馬鹿なふりで笑い飛ばしてあげるから


誰かのための自分なんて そんなの自分じゃないよ


頑張れなんて言わないから


生きることを選ぶなら せっかくなら楽しもうよ

 

 

今の私にはそれしか言えないよ


だからこんな風に書いてるよ 馬鹿みたいにね


伝わることもないことをつらつらと 馬鹿みたいにね

 

痛み目見たのにそれでもたくさん考えた

 

なんて言葉をかけたら少しでも救われるのか

 

ほっといたらいいのにって思う自分と

 

自分に何ができるだろうと考える自分

 

 

 

昔の私だったら迷わず後者だった

 

 


まったく構ってらんないぜ ばーか

広告を非表示にする