170816

大人になるにつれて大事なものっていうのはだんだんと減っていく

 

あの頃 一番に誕生日をお祝いしていた友達

今では誕生日も忘れて音信不通だ

 

人間というのはそういうものだ

時間というのはそういうものだ

思い出や記憶も そういうものなのだ

 

いくら悲しんで辛い思いをしても

いつかはその気持ちも忘れてしまう

 

 

いつまでたっても、いくつになっても

1人でいるのは心細くて寂しい

でもいつまでたっても 私は1人に慣れないし2人にもなることができない

 

 

 

誰かとつながっているという安心感やぬるい幸せ

味をしめたらもう逃れられない 逃してくれない

 

終わりが怖くてなにも始められない

決定的な言葉を聞かないように ゆらりゆらり 逃れてく

曖昧に始まって 曖昧におわる 無かったかのように 曖昧に

 

 

時間も季節も早足で 呼吸がしやすい冷たい空気が感じられるのももうすぐだね

 

もういいよ、なにも持たないで

ねぇ早くしないと もう街は眠りそうだよ

広告を非表示にする