読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

170222

‪電車の中で嗅いだことのあるにおいがした‬
なんのにおいだったか 一生懸命思い出そうとしたけど
なつかしい気持ちになるだけで 思い出せなかった。

 

 

‪辛かったことも 幸せだったことも‬
時間が経てば経つほど うすれてく。

 

 

なつかしむことは出来ても
もう感覚は麻痺してしまってて そのときほどかんじることは二度とできない。

 

 

逃してしまった過去を想ったり
まだ見ぬあしたに期待するよりも
ごまかせない今を好きでいたい。

 

 

悩んでいたときに相談した人に
「今ないのならそれは幻だったんだよ」
と言われたことがずっと忘れられなかった。

 

 

まだその幻を信じていたわたしは

「幻なんかじゃない 確かなものだ」
と考えをまげなかった。

 

 

あの頃のわたしは
戻れない過去が大切で
まだ見ぬあしたに見返りを求めてた。

 

 

時間がたってようやくわかった。

 

 

今手の中にあるものが確かで ないものはすべて幻だった。