読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

170224

人の創り出すものはすごいなぁ。

 

 

この世界は人が創り出したものであふれてる。

 

 

いつも聴く音楽 お気に入りの服 毎朝のる自転車 朝昼晩口にするごはん 続きが気になる漫画 憧れの映画

 

 

すべて 感動や ときめき ぬくもり 切なさ いろんな感情をわたしにくれる

 

 

少し前にある人と

「高速道路を最初に作ろうって言い出した人、やばくない?」

という会話をした

 

発想がすごい

 

森を切り分けて 川には橋を渡して

最短で行ける道をつくってしまおう!

 

発想がすごい 壮大だ

 

 

わたしにはできない

わたしにはできないことばかりだ

 

 

0からものを創り出すことが出来ることを

とても羨ましくおもう

 

 

1から2にすることはかんたんでも

0から1にすることはむずかしいっていうけれど

 

わたしには1から2にすることですら困難だ

 

創り出されたものにふれて自分のものに出来ているのか

取り入れることが出来ているのか

同じものでも人のはよく見えて 自分のがくすんで見える

いつも 隣の芝生は青くみえる

 

 

わたしには1を増やしていくことはできないけど

1から100にする手伝いならできる気がする

 

創り出されたものの良さを学んで伝える

それしか出来ないけど

どんどんプラスになっていってくれたらいいなと思いながら 日々伝える 働く

 

 

 

だんだん何言ってるかわからなくなってきたけど

つまりは少女漫画は最高だ

 

こんな干からびたわたしにもときめきをくれて

心を潤してくれて ありがとうございます

170223

1度味わったらなかなか忘れられない。


味をしめるとまたつけ入る。


それがひとの弱さ 甘え 依存。

 

 

「いつまでも このままでいいのか?」

 

それは何度も何度も頭をよぎったこと。

 

 

いつまでもこんなふうにいられると
そんな甘い考えをもっていた。

 

 

特にこれといった目標もなく
好きなことをしてふらふらと生きてきた。

 

 

来るもの拒まず去るもの追わず
自分のきもちがわからないまま 優柔不断のまま 流されるがまま。

 

 

これがやりたい 伝えたい とおもったら思った時に
そうしないと気持ちはすぐに変わってしまう。

 

 

 

1人のにんげんとしてのほんとうの幸せって
なんだろう。

 

 

それは地位や名誉じゃない


たくさんのひとに認められても
自分が大切だと思う人たった1人に認めてもらえなかったら
とても苦しいんじゃないかなと思う。

 

 

じゃあ大切ってなんだろう。

 

 

無条件の優しさ 幸せになってほしいと思うこと 心配をすること 助けたいと思うこと 側にいたいと思うこと 守りたいと思うこと どんな感情も分かり合いたいと思うこと

 

 

 

結局は深い愛情なんじゃないかと思った。

 

 

 

愛情は 人を優しくしたり 狂わせたりする。


愛情が欲しくてたまらなくて 寂しい人は
うそをついたり 人を傷付けたりする。

 

 

わたしはわかる どの気持ちもわかる。

 

 

人は1人では生きていけない。

 

 

男も女も 世の中にはたくさんいる。


その人じゃなきゃいけないわけを しっかり考えた方がいい。

 

 

ちゃんとしたい しゃんとしたい

 

 

わたしも誰かの色に簡単に染まることができたらなあ。

 

 

 

誰にも何も言わずに 突然結婚したりしたら
それってなんかちょっとかっこいい。

170222

‪電車の中で嗅いだことのあるにおいがした‬
なんのにおいだったか 一生懸命思い出そうとしたけど
なつかしい気持ちになるだけで 思い出せなかった。

 

 

‪辛かったことも 幸せだったことも‬
時間が経てば経つほど うすれてく。

 

 

なつかしむことは出来ても
もう感覚は麻痺してしまってて そのときほどかんじることは二度とできない。

 

 

逃してしまった過去を想ったり
まだ見ぬあしたに期待するよりも
ごまかせない今を好きでいたい。

 

 

悩んでいたときに相談した人に
「今ないのならそれは幻だったんだよ」
と言われたことがずっと忘れられなかった。

 

 

まだその幻を信じていたわたしは

「幻なんかじゃない 確かなものだ」
と考えをまげなかった。

 

 

あの頃のわたしは
戻れない過去が大切で
まだ見ぬあしたに見返りを求めてた。

 

 

時間がたってようやくわかった。

 

 

今手の中にあるものが確かで ないものはすべて幻だった。

170220


去年から日記をかいていたけど
寝る前の数十分 数時間
ペンをもってノートにむかうよりも
あいふぉん見ていることがおおいし らくだって気づいた。


あとから見返してそのときのきもちや ことばを
目に見えるかたちでのこすのっておもしろい。

 

家族のこと友達のこと恋人のこと仕事のこと
たくさん失敗して かなしかったり つらかったり しあわせだったり たくさん感じた。


たまに過去を振り返ると
蓋がこわれちゃったみたいに いろんな事が あふれてくる。


あの時あんなことも言ったな あんなことも言われたなって。

 

相手はもしかしたら忘れてるかもしれないし
たいして気にもとめてないかもしれないことを
いつまでもいつまでも ぐるぐるとかんがえる。


それが自分なりの反省なのかもしれないし
もしかしたら落ち込んでる自分が好きなのかも。


どこにもやり場のないきもちや 想いを
こうやって文字にして書きとめておくことは
なんだか気持ちがよくって ちょっとたのしい。

 

自己満足でありながらも どこか気付いてほしい気持ちがある。


だれかには見て欲しいし 反応してほしいから
誰が見てるかもわからないSNSで言葉を放つ。


直接誰かに想いを伝えるって とっても難しいことで
それが原因で傷付いたり 傷付けたりしてきた。


きっと それは歳をとってもずっとそうなんじゃないかとおもう。

 

誰が見てるかもわからない  だけど直接伝えるよりは楽ちんで 怖くない。
自分のことかわからないから 傷付いても軽傷で
重傷はいつだって負いたくない。リスクはきらい。


けど 向き合って伝えることから逃げちゃダメな時もあると思うんだ
それさえわかってれば 楽してもいいじゃないかと思う。

 

思っていることを 今はこんなにもかんたんに人に伝えたり 残しておくことができる。


たった150グラムの小さな機械の中に
全て詰まっていると思うと少しだけこわいけど
便利な世の中になったんだなぁ。

 

幼稚園の頃に友達と お手紙交換をしていたのがなつかしい。
あの頃はへんじは必ず次の日までまたないといけなかった。


今はリアルタイムだって可能なのに。

 


お手紙交換していた「あいりちゃん」

げんきかなぁ。